Animal

【動物好き必見】希少種と美しすぎる動物たちを紹介!

YouTubeやSNS上で絶滅が危惧されている動物の画像や動画を数多くみますよね?

SNSのタイムラインで時々流れてくるだけでは、見たいときに見れませんよね?

そこで今回は、特に美しい動物や珍しい動物について、SNS上の投稿を元にまとめてみました。

アオアシカツオドリ

この鳥はガラパゴス諸島に生息する希少な種です。

大きさは80cmほどで、体重が1.5kgで成体です。

特徴としては、鮮やかな青色の足です。

オスがメスに求愛のダンスをするのが特徴の一つでもあります。

アルビノ・白クジラ

1991年オーストラリアのクイーンズランド沖で初めて発見されたアルビノの白クジラ。

この白クジラはザトウクジラであり、ヒゲクジラの仲間であり全長14mになります。

アルビノ・ホワイトライオン

ホワイトライオンはライオンのアルビノ。

現在確認されている頭数は300ほどで、とても希少な種です。

アフリカでは「神の使い」と呼ばれるほど、 神秘的な生き物です。

特にオスのホワイトライオンは、たてがみまでも当然白く、とても美しいですよね。

ハイイロオオカミ

ハイイロオオカミは最も広範囲に生息が確認されている種です。

ただ数多くの亜種も存在し、呼び名も地域によって異なります。

こちらのオオカミも『ハイイロオオカミ』だと考えられます。

平均すると体重は40kg程で、大型犬より少し重いようです。

ただ、ウクライナでは体重86kgもの固体も確認されているそうです。

最小の個体で12kgほどと大きさにも幅がある種です

分布域や食料事情などによって大きな差があるようです。

ただ50kgを超える個体は、まず珍しいです。

アルビノ・白孔雀

こちらは孔雀のアルビノです。

中国の動物園などで見られるようです。

孔雀は普通の色でも、とても神秘的で美しい印象ですが、白いと尚更、そう感じてしまいますよね!

キングペンギンのヒナ

キングペンギンは絶滅も危惧されており、「軽度懸念」とされています。

ペンギン自体、地球温暖化などの影響で絶滅が危惧されております。

そんなペンギンの一種であるキングペンギンのヒナがこちらです。

ヒナの時は親鳥とは違い、茶色い暖かい毛で覆われています。

ただ親鳥の毛のように撥水効果はなく、完全に防寒用の羽毛になっているようです。

そして成体になる直前のヒナは、羽毛のせいで親鳥より大きく見えます。

クアッカワラビー

ロットネスト島に生息する世界一幸せな動物と呼ばれる「クオッカ」。

とにかく可愛いというのと、人懐っこい性格のおかげで世界中から人気がある小動物です。

体調は40~50cmほどで、ポケモンのピカチュウのモデルとも言われています。

まとめ

今回は、希少種の動物を中心に紹介しました。

まだまだ紹介出来ていない種類の動物もいるので、今後も引き続き紹介していきます。