DRAMA

緊急取調室(キントリ)2019|大杉漣追悼テロップが画像はこちら!

4月11日21時からスタートした『緊急取調室(キントリ)』で中田善次郎役だった大杉漣さんに向けて追悼テロップが流れました。

過去女性自身が3月5日に「天海祐希の直訴で実現!4月「緊急取調室」に大杉漣さん出演」と報じていました。

それが今回話題になっている大杉漣さんへの追悼テロップだったようです。

この記事では、4月11日21時からスタートした『緊急取調室(キントリ)』で亡き大杉漣さんに向けたれた追悼テロップの内容や画像を調査し、まとめてみました!

大杉漣さんへの追悼テロップの内容

『緊急取調室(キントリ)』の第2シーズンまで出演していた俳優の大杉漣さん。

今作は大杉漣さんが亡くなってから、初めて放送されたシリーズということもあり、代役の関係で誰になるのか?と噂が飛び交っていました。

そんな中2019年3月5日に雑誌・女性自身が「天海祐希の直訴で実現!4月「緊急取調室」に大杉漣さん出演」と報じました。

ファンの方からすると、過去の映像が流れるのでは?と思われていたそうですが、実は追悼テロップのことだったようです。

その追悼テロップの内容は「中田善次郎役を演じて下さった大杉漣さんは これからもずっとキントリの一員です ありがとう善さん」という文章でした。

また作中でも大杉漣さんが演じていた中田善次郎は、退職した設定になっているそうです。

なので、作中でも生きていて、まだ大杉漣さんが存在していることを表しているんですね!

大杉漣さんへの追悼テロップの画像がこちら!

それでは『緊急取調室(キントリ)』から大杉漣さんに向けられて追悼テロップが流れたシーンの画像を紹介します。

画像はこちらです!

4月11日に放送された初回放送では、過去の出演場面も用意されており、テロップが流れたのはドラマの最後だったようです。

ファンの方からすると、とても嬉しいサプライズだったでしょうね!

ファンの反応はこちら

Twitter等のSNSでは以下の様なコメントが多く見受けられました。

  • 「最後の大杉漣さんへのメッセージに感動」
  • 「追悼テロップに泣けた」
  • 「大杉漣さん、退職しただけで、存在してることになってて、なんだか、うれしかったわよね」
  • 「なんなん最後の最後にあのメッセージって……涙腺崩壊した」

また大杉漣さんがドラマの中で退職扱いで生きている設定に感動しているファンの方もいました!

まとめ

この記事では、4月11日21時からスタートした『緊急取調室(キントリ)』で亡き大杉漣さんに向けたれた追悼テロップの内容や画像を紹介しました!