Movie

【ドクタース・トレンジ】ウォン役の俳優(男性)は誰?役者は中国人?吹き替え声優も調査!

2019年5月17日の金曜ロードショーでは地上波初公開のマーベル作品「ドクター・ストレンジ」が放送されます。

今年の4月に公開されたマーベル「アベンジャーズ/エンド・ゲーム」は歴史大ヒット作となりました。

そのアベンジャーズに前作より出演しているドクター・ストレンジ。

そのドクター・ストレンジの単体のストーリーが地上波で放送されます。

これまでにも「アイアンマン」を始め、「キャプテン・アメリカ」や「マイティ・ソー」、「ハルク」、「キャプテン・マーベル」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「アントマン」「アントマン」「ブラックパンサー」と数多くの作品が公開されてきました。

こちらの記事では、そんな「ドクター・ストレンジ」に出演するウォン役の俳優や吹き替え声優について調査してみました。

【マーベル作品】ドクター・ストレンジについて

映画『ドクター・ストレンジ』は、マーベル・スタジオ製作の「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックヒーローです。

マーベル作品では珍しい魔術系ヒーローです。

日本では、2017年1月27日に公開され、大ヒットを記録しました。

事故で両手が思うように動かせなくなった天才外科医・ストレンジが主人公。

天才ではありますが、傲慢で虚栄心の強い神経外科医スディーブン・ストレンジ。彼は、交通事故によって全てを失い、どん底にまで墜ちてしまいます。

性格は一言でいうと「傲慢」。

エゴが強く懐疑主義者だったストレンジは、ある事故をきっかけに最高の魔術師エンシェント・ワンのもとで修業を積むことになり、魔術の会得だけではなく人間的にも成長していきます。

【ドクター・ストレンジ】ウォン役の俳優は誰?

映画『ドクター・ストレンジ』の世界の中でカマー・タージの図書館の守護者として登場すするウォン。

のちにドクター・ストレンジとともにニューヨークのサンクタム・サンクトラムを守ることになり、ストレンジの右腕のような、最も信頼できる仲間です。

そんな準主役的な立場であるウォンを演じるのは『ベネディクト・ウォン』さんという俳優です。

「ウォン?それって役名じゃないの?」と思ってしまいましたが、役者さんもたまたま「ウォン」だったようです。

彼はパット見アジア系のように見えますが、イギリスのマンチェスター出身の俳優さんです。

Profile
  • 名前:ベネディクト・ウォン
  • 出生地:イギリス・マンチェスター
  • 生年月日:1970年
  • 職業:俳優

ウォン役の日本語吹き替え声優は誰?

今回映画『ドクター・ストレンジ』で「ウォン」役の日本語吹き替え声優を行ったのが田中美央さんです。

田中美央さんは、声優としての活動行いながらも、俳優としては舞台を中心に出演を重ね、吹き替え声優としては「アイアン・フィスト」や「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」に参加したことで知られています。

Profile
  • 名前:田中 美央(たなか みおう)
  • 生年月日:1974年7月4日
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 身長/体重:183cm/?kg
  • 学歴:兵庫県立宝塚北高等学校→大阪芸術大学舞台芸術学部卒業
  • 職業:俳優、声優、ナレーター、ベーシスト
  • 所属:劇団俳優座
  • 趣味・特技:映画鑑賞、ギター、ベース、クラシックバレエ、モダンダンス

まとめ

こちらの記事では、そんな「ドクター・ストレンジ」に出演するウォン役の俳優や吹き替え声優について調査してみました。