Trend

【動画】シン・エヴァ0706作戦ネタバレ(内容)・感想・考察!会場の様子も

2020年公開させるシン・エヴァンゲリオン劇場版の冒頭10分40秒が流れる『0706作戦』と題されたイベントが全国6ヶ所で行われました。

公開日こそは決まっていませんが、「シン・エヴァ劇場版」のシリーズラスト4部作目で、今から非常に楽しみです!

正直、東京オリンピック2020よりも楽しみかもしれません(笑)

今回行われたイベントは「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1 0706版」と銘打たれた来年公開されるシン・エヴァ劇場版の新作・冒頭10分40秒の映像が全世界同時に公開されました。

フランス・パリで開催される「Japan Expo 2019」では『Yoko Takahashi×EVANGELION STAGE』も行われLINE LIVEで「0706作戦」の会場の映像と共に楽しむことができました。

「0706作戦」で新作映画の冒頭10分40秒の映像を見ることができたのは札幌、東京2カ所、名古屋、大阪、博多の計5都市6カ所で街頭ビジョン等での無料で見ることができました!

こちらの記事では、「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1 0706版」のイベントで上映された冒頭10分40秒の映像を見た感想、ネタバレ(内容)、考察と会場の様子について紹介していきます。

【シン・エヴァ0706作戦】上映前の会場

今回「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1 0706版」と銘打たれたイベントが開催される場所は、札幌、東京2カ所、名古屋、大阪、博多の計5都市6カ所でした。

開催場所については、当日会場の交雑を防ぐために7月6日当日までは伏せられていた地域もありました。

しかし当日6日の正午には、全ての会場が発表され、中でも東京の2会場では整理券が配られることが発表され、たった1時間くらいで新宿会場には100人以上の人が駆けつけたそうです。


また整理券が配られ始めた14時には、300名を超えていたそうです。


日比谷会場では、1000名の受け入れ予定だったそうですが新たに予備エリアを設け、追加で300名を受け入れていました。

また各会場には定点カメラが設置され、エヴァの公式アプリである「EVA-EXTRA」で様子を確認でき、「0706作戦」専用のTwitterアカウントでも会場についての情報が投稿されています。

それでは、映像公開前の各会場の様子を紹介していきます。


こちらは大阪「うめきた広場」の様子です。

「0706作戦 大阪」という看板が目立ちますね!


「JR博多駅前」の会場では、既に多くの人が集まっているようです。

また、とても気温が上がっているらしく水分補給の呼びかけを「水分補完計画」として注意喚起しています!


名古屋会場である「アスナル金山」は、見た感じ映像が見やすそうな会場ですよね!

羨ましいです…


札幌会場の「テレビ塔前」では、整理券や入場規制などがないため、まだ人が集まっていないようです。

公式Twitterには、18時羽田発の飛行機でも間に合うと書いてあります(笑)

確かにテレビ塔は、JR札幌駅からも近いですし、映像公開までにはギリギリ間に合いそうですよね。

【シン・エヴァ0706作戦】ネタバレ(内容)・感想・考察!

こちらは、現在準備中です。

映像を見てから更新していきたいと思います。

前回の劇場版「Q」では、シンジくんが14年ぶりに目覚め、アスカとマリが「エヴァの呪縛」で年を取らず…

そしてミサトさんは、反NERV組織を立ち上げ、空飛ぶ戦艦に乗っており、カヲル君は案の定また首が落ちて死ぬという…

とてもめちゃくな内容でしたが、今回はどんな作品になるのか楽しみですよね!

※追記

動画がYoutubeにアップされていたので、載せておきます!

まずはマリ(真希波・マリ・イラストリアス)の歌から始まり、舞台は変わり果てたフランス・パリです。

反NERV組織であるヴィレ(Wille)のメンバーが何かしらの作業をしているシーンに、外見が使徒のような敵が現れ、マリがボロボロの8号機で対応します。

冒頭動画が流れる前に、監督である庵野秀明さんからエッフェル塔が好きで、映画に出すというコメントがありましたが、早速、今回公開された冒頭10分40秒でも出ていました。

ですが、その10分間で折られ、最終的にはマリの武器に使われていました(笑)

さらには敵のATフィールドのせいで、どんどん短くなっていきました…

そしてマリが戦闘している傍らで、作業を続けてヴィレ(Wille)のメンバーでした作業が終わった瞬間に真っ赤に染まっていたパリが、元の色に戻りました。

ヴィレ(Wille)は、パリで何をしていたかというとシステムが凍結されていたNERVユーロ本部のシステム復旧でした。

ミッションの制限時間ギリギリでシステム復旧に成功し、その後マリが言うにはエヴァのパーツがあるそうで、地下から伸びてきた建物の中に何かしらの装備があることが映像から分かりました。

ただ気になるのは、これまで「シン・エヴァンゲリオン破」でシンジ君が起こしてしまったサード・インパクトの影響で真っ赤に染まっていた大地が甦ったところですよね。

パリで行われていた「Japan Expo 2019」にゲスト出演していた碇シンジ役の緒方恵美さんが登壇して話していた中に、監督から「シンジなら、この結末とこの結末、どっちを選ぶかな?」と聞かれていたそうです。

「Q」では、シンジ君は元の世界に戻る事を信じて、周りの静止を振り切りロンギネスの槍に似たものを抜いてましたから、その流れを組めば最後は元の世界に戻りそうな気がしますよね。

【シン・エヴァ0706作戦】会場の様子

LINE LIVEや公式アプリから定点カメラで各会場の様子は、見ることができます!

しかし、実際に日比谷会場まで行ってきたので、そのときの写真でお伝えしていこうと思います。

まとめ

もうすぐ日比谷会場の集合時間なので、映像を見たあとに再度更新していきます!