Trend

【福岡博多板付】事件の犯人は誰で顔や名前は?火災&現場(場所)はどこ?【市営住宅殺人】

2019年5月31日午後5時ごろに福岡市博多区板付4丁目の路上で女性が倒れていました。

40代とみられる女性は家族に殴られたと話しているそうです。

また女性は市営住宅に住んでおり、警察が女性宅に向かったところ室内で60~70代とみられる男性と女性が血を流し倒れているのが発見されました。

部屋の中で倒れていた2人は、現在意識不明だそうです。

また室内からは火が出ており、今回被害にあった3人は家族と見られているています。

こちら記事では、福岡市博多区板付4丁目市営住宅で起きた殺人未遂事件の犯人や現場の場所について調査してみました。

【福岡市博多】火災&殺傷事件について

2019年5月31日午後5時ごろに福岡市博多区板付4丁目の路上で倒れている40代くらいの女性が発見されました。

その女性に話を聞くと、現場近くの市営住宅に住んでいるとのことです。

また警察は女性宅へ向かうと、室内には70代女性と40代男性が血を流して倒れているのと火災が発生しているのを確認したそうです。

その倒れていた男女と路上で倒れていた40代女性は家族とのことです。

今回の事件は、家族間のトラブルと現在は報道されています。

また犯人については、自ら命を絶ったとされています。

正確な情報が入り次第、お伝えします。

【福岡市博多】火災&殺傷現場はどこ?

報道では、まだ情報は開示されていないことが多いですが、今回事件が起きた場所は「福岡県福岡市博多区板付4丁目13番付近の路上」とされています。

住所的にはこちらになります。

また路上で倒れていた40代の女性は市営住宅に住んでいるとのことでしたが、こちらの白い建物だと思われます。

※追記
火災自体は午後6時2分ころに鎮火されたそうです。

【福岡市博多】犯人は誰?

現在、犯人についての情報は多く発表されていません。

今後報道メディアより発表され次第、こちらでお伝えしていきます。

ただ正確ではないと思われる情報も出回っているので注意してください。


※追記
警察の調査によると、犯人は路上に血を流し倒れていた40代女性の兄だそうです。

被害にあい、搬送先の病院でなくなったのは40代男性というのは、この犯人とみられています。

そして40代女性宅で倒れたいた70代女性は、40代女性と犯人の母親、今回の事件は母親と息子の口論が原因とみられています。

70代女性が気を失う前に「息子が引きこもりがちで、仕事をするよう言ったところ、口論となって襲われた」と警察に語っていたそうです。

犯人は母親と妹を襲い、その後に刃物で自身の首を刺し自殺をはかり、最終的に病院で息を引き取ったそうです。

また襲われた母親は、現在も意識が戻らず重体とのことです。

まとめ

こちら記事では、2019年5月31日午後5時ごろに福岡市博多区板付4丁目市営住宅で起きた殺人未遂事件の犯人や現場の場所について調査してみました。

しかしこちらの事件では、まだ詳しいことが分かっていないので現在も調査中です。