Trend

【池袋】中国人3人が暴行したカラオケは場所はどこか特定!現場住所や犯人の顔や年齢も調査

東京・池袋のカラオケ店に侵入して客の男性2人に特殊な警棒などで暴行を加えてけがをさせたとして、中国人の少年3人が逮捕されました。

被害にあったのは、当日事件があった池袋のカラオケ店の訪れていた23歳の男性二人だったそうです。

被害者と犯人に面識はなく、中国人の少年3人は障害容疑で逮捕されています。

こちらの記事では事件が起きた池袋のカラオケ店の場所や、犯人について調査してみました。

池袋カラオケ障害事件について

事件が発生したのは2019年5月がったそうです。

事件当日に豊島区池袋のカラオケ店で客として来ていた23歳の男性ら2人の部屋に中国人少年3人が侵入し、暴行を加えたそうです。

中国人少年3人は被害者の頭や顔を持参した特殊な警棒やその場にあったビール瓶などで殴ってけがをさせています。

警察によると犯人である少年ら3人と被害者男性2人に面識はなかったようです。

しかし、動機はインターネット上で仲間の悪口を言われたことに腹を立て、被害者男性らがカラオケをしているところに殴り込んだということです。

取り調べに対して少年1人は容疑を否認し、他の2人は「暴行したことに間違いない」と容疑を認めています。

インターネット上での縺れが原因なんて怖いですよね…

池袋カラオケ障害事件の場所はどこ?

報道機関によれば、豊島区池袋のカラオケ店としか発表されていません。

しかし実際に現場の映像が流れているニュース番組を確認すると、「フクズミビル」と書かれていることが分かりました。

また「大任KTV」「自遊空間」「FamilyMart」なども確認することができました。

これらの情報を元に現場を調査してみました。

現場になったカラオケ店は、 「大任KTV」で住所は『〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目43−7』となっています。

報道を見ていると事件当時は警察が複数人訪れていたそうです。

被害者はビール瓶や棒で殴られているわけですから、出血などもしていたのかもしれませんね。

池袋カラオケ障害事件の犯人について

今回の事件を起こしたは中国人少年3人とのことです。

ただ”少年”と報道されていることから未成年なのでしょう。

また日本人ではないためか、年齢すら発表されていませんでした。

当然、未成年だとすれば顔画像も今後発表されなさそうです。

ネットの反応

男性の口コミ
男性の口コミ
未成年の外国人が日本で犯罪起こすと色々と面倒くさいそう
女性の口コミ
女性の口コミ
面識すらないのに、凶器持って殴り込みなんて…インターネットは怖いですね
男性の口コミ
男性の口コミ
武器を持って、相手より大人数でって卑怯すぎ…
女性の口コミ
女性の口コミ
こうゆうの怖いからオートロックで、内側と店員しか開けられないようにしてほしいです。
男性の口コミ
男性の口コミ
池袋はチャイナタウン化してる
女性の口コミ
女性の口コミ
”悪口”って差別だったのかもしれませんね。どんな理由があろうと差別は良くない。

まとめ

こちらの記事では事件が起きた池袋のカラオケ店の場所や、犯人について調査してみました。