Trend

奥浪鏡(おくなみきょう)のプロフィールは?顔や出身高校や現役時代も調査!

2019年5月30日に元オリックス選手であった奥浪鏡容疑者が詐欺と窃盗の疑いで逮捕されました。

奥浪鏡容疑者は、80歳男性からキャッシュカードと現金をだまし取ったとされています。

現在、奥浪容疑者は容疑を否認しているそうです。

一体、何故プロ野球選手だった奥浪容疑者が犯行に及んだのでしょうか。

こちらの記事では、奥浪容疑者のプロフィールや現役時代について調査してみました。

奥浪鏡(おくなみきょう)のプロフィールは?

2019年5月30日に元オリックス選手であった奥浪鏡容疑者が80歳の男性かららキャッシュカードと現金をだまし取ったとして、詐欺と窃盗の疑いで逮捕されました。

それでは奥浪鏡容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか?

せっかくプロ野球球団に入団できたにも関わらず、転落人生を歩んだのでしょか。

まずはそんな奥浪容疑者のプロフィールを紹介します。

Profile
  • 名前:奥浪鏡(おくなみ きょう)
  • 生年月日:1995年8月29日(現在23歳)
  • 出身地:広島市呉市
  • 出身高校:創志学園高等学校
  • プロ入り:2014年
  • ポジション:三塁手、一塁手
  • 投球/打席:右投げ/右打ち

奥浪鏡容疑者は呉市立中央中学校に通っており、広島ジャガーボーイズに所属していました。

そのチームで全国大会にも出場し、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」で場外ネットに当たるほどのホームラン(推定飛距離150m)を放ち、中学時代から注目を集める選手だったようです。

そして創志学園高等学校に進学後は、春夏ともに甲子園には出場出てきはいませんが、対外試合で通算71本のホームランを放ち「岡山の李大浩」と呼ばれていました。

奥浪鏡(おくなみきょう)の現役時代は?


創志学園高等学校時代の実績が評価され、2013年のプロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから6巡目で指名され、プロ入りを果たします。

オリックス時代は1軍としては起用されず、2017年には打率.188、2本塁打、12打点という成績しか残せず、戦力外通告を球団は予定していたそうですが、本人の意思で脱退したようです。

その時には「早く地元の広島で次の進路への準備に入りたい」と語っており、オリックスを離れたあとは自由契約選手になりました。

奥浪鏡(おくなみきょう)のその後は?

オリックス・バファローズを脱退する2017年5月には、運転免許停止中に無免許で車を運転して事故を起こしたことが原因で、同年8月に契約解除という運びになったそうです。

更には無免許運転の罪で執行猶予中だった身でありながら、2019年3月には女子高生にみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されています。

現役時代から何かと問題を起こしてようです。

そしてプロ野球界から去ったあとも「売春行為」で逮捕されているので、今回「詐欺」と「窃盗」の罪で捕まったのも、行き場がなくなっての犯行かもしれませんね。

今回の事件は奥浪容疑者が実行犯ではなく、詐欺グループの指示役だったとされています。

実行犯として逮捕された男性は、「詐欺の仕事は奥浪容疑者から紹介された」と証言していますが、当の本人である奥浪鏡容疑者は容疑を否認しています。

詐欺の手口は、警察官に扮した実行犯が「キャッシュカードが犯罪に関係している。警察官が家に行くので、キャッシュカードを渡してください」と語り、80歳の男性を騙して現金を奪ったとされています。

まとめ

こちらの記事では、奥浪容疑者のプロフィールや現役時代について調査してみました。

現役時代から、あまり素行が悪い人物だったようです。

プロ野球選手ではなくなった後も、他の罪で捕まっているようですし詐欺の指示をしていたとしても本当のトップではなさそうですよね。

行き場がなくなり、犯罪に関わる集団との接点が出来てしまったのでしょうか。