Trend

大正駅で明治R1を飲む意味とは?平成最後の「昭和の日」との関係を調査!

2019年5月1日から遂に新元号である『令和』が始まります。

各地では4月30日から5月1日にかけて、カウントダウンイベントも行われるなどお祭り騒ぎです。

そんな4月29日も注目を集めいています。

理由は4月29日が「昭和の日」だから。

さらに言うと、今年は”平成最後の「昭和の日」”なので、注目されています。

そこで株式会社明治(meiji)の乳酸菌飲料であるR-1ヨーグルトを「大正駅」で飲んだTwitterの投稿が話題になっています。

ではなぜ、「平成最後の昭和の日にR-1を大正駅で飲む」のでしょうか?

こちらの記事では、その意味について紹介します。

大正駅でR-1を飲む理由?

ではなぜ、大正駅でR-1を飲むことが注目されているのでしょうか?

先程紹介した文をもう一度見てみましょう。

「平成最後の昭和の日にR-1を大正駅で飲む」

「平成最後の昭和の日」というおめでたい日ということは分かります。

またパット見、「平成」「昭和」「大正」と元号が3つも入っていますよね?

では株式会社明治(meiji)から発売されている乳酸菌飲料『R-1』は、どういった関係があるのでしょうか?

その『R-1』の意味とは、「令和元年」です。

新元号である「令和」のイニシャルは『R』です。

なので、先程の文「平成最後の昭和の日にR-1を大正駅で飲む」は「平成」「昭和」「大正」と「令和」が含まれている行為になります。

さらには『R-1』は、株式会社明治(meiji)から発売されていることで「明治」も加わります。

そうすると全てで5つの元号が入った行動になり、おめでたいということで人気になっています。

平成最後の昭和の日に明治の大正でR-1を飲む人がたくさん!

それでは一体、どれくらいの方が「大正駅で平成最後の昭和の日に明治のR-1」を飲んでいるのでしょうか?

実際にTwitterの反応を見てみましょう!


こちらの投稿は4月29日0時になった瞬間に撮られた写真で、朝に投稿されたものだと思われますが夕方には約19万いいねと66,000リツイートされるほどの人気です。

さらには夕方になってもトレンド上位に食い込むほど話題になっています!

この投稿がきっかけかは分かりませんが、大量の人が「R-1」を持った人が大正駅に集まっていたようです。

あまりの人の多さに、駅のゴミ箱は「R-1」のボトル色である赤で染まっています。

一番話題になっている大正駅は大阪ですが、長崎県にはあったようですね。

とても田舎そうなので、わざわざ足を運んだのでしょう。

また「大正駅」ではなく「大正大学」に足を運び、記念写真を撮影していた方もいたみたいです。

また、株式会社明治(meiji)からは「祝・令和元年」と書かれた「記念R-1ボトル」が発売されていることが決まっているそうです!

発売が今から楽しみですね!

「大正駅」「大正大学」「長崎県の大正駅」はどこ?

「平成最後の昭和の日」はもう終わってしまいますが、話題となった「大阪の大正駅」と「大正大学」、「長崎県の大正駅」はどこなのでしょうか?

それぞれの場所について紹介していきます。

まずは大阪の大正駅について紹介していきます!

【住所】〒551-0002 大阪府大阪市大正区三軒家東1丁目18

続いて、「大正大学」の場所についてはこちら!

【住所】〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨3丁目20−1

最後は「長崎県の大正駅」について。

【住所】〒859-1215 長崎県雲仙市瑞穂町古部甲

まとめ

なぜ「平成最後の昭和の日にR-1を大正駅で飲む」のか?という理由について、こちらの記事ではまとめてみました!