Trend

【スカイツリー】令和記念カウントダウンイベントの時間は?料金や詳細はこちら!

2019年のGWは10連休ということもありますが、5月1日は平成から令和に切り替わる記念すべき日ですよね!

各地で令和を迎えるということを記念してイベントが開催されます。

まるで新年元旦を迎える時のような賑わいです。

スカイツリーでも『令和元年』を記念してカウントダウンイベントが開催される予定です。

新元号に変わる瞬間を東京スカイツリーで迎えることが可能です!

こちらの記事では、令和記念で東京スカイツリーで行われるカウントダウンイベントの時間と料金や詳細を調査し、紹介します。

東京スカイツリーの令和カウントダウンの時間は?

東京スカイツリーでは令和元年を迎えるにあたり、東京スカイツリーではカウントダウンイベントが行われます。

これからその時間について紹介していきます。

まず通常の東京スカイツリーの営業時間は8:00~22:00です。

ですが、4月30日だけは延長営業をします。

4月30日だけは22:00以降も営業し、翌日5月1日の0:30まで展望デッキが開放されます。

最終入場は5月1日の0時までで、「展望回廊」までは行くことができません。

カウントダウンが終わってから、閉館まで少し時間は短いですが一生で一度しかない『令和』のカウントダウンを東京スカイツリーからの夜景を見ながらできるのは素敵ですよね。

東京スカイツリーでカウントダウンするための料金は?

4月30日に行われる東京スカイツリーでは、料金プランも多少異なります。

記念すべき日なので、とても高いと思って調査してみました。

すると通常料金より安いようです。

さらには半額になるそうです。

それでは具体的な料金を紹介します。

料金は以下の通りです。

大人(18歳以上) 1,150円
中人(高校生/中学生) 800円
小人(小学生) 500円

大人でも1,000円ちょっとの料金で東京スカイツリーでカウントダウンをして令和元年を迎えられると考えたら、とても安いですよね!

ちなみに通常料金はこちら。

大人(18歳以上) 2,300円
中人(高校生/中学生) 1,650円
小人(小学生) 1,000円

※延長営業時間では当日券のみの販売となり、日時指定券の販売はありません。
※他の割引との併用はできません。

東京スカイツリーカウントダウン詳細情報

東京スカイツリーでは4月30日から5月1日の0:30までに行われるカウントダウンイベントの他にもおもてなしがあります。

延長営業の他に、具体的には以下の項目が予定されています。

  • 日本国旗をイメージした特別ライティングの点灯
  • 地上350メートルの天望デッキの上部に「レーザーマッピング」による演出

また4月30日22時から5月31日までの期間は「ありがとう平成」「おめでとう令和」と特別に印字した、特別な天望デッキ入場券が発券されます。

さらには「令和」を記念したスカイツリーオフィシャル限定商品も販売されます。

令和元日の5月1日に東京ソラマチで「振る舞い酒」「獅子舞」などの催しもされます。

ちなみに「SKYTREE CAFE フロア350」および「THE SKYTREE SHOP フロア345」は5月1日0:30まで延長します。

【住所】〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1

最後に車で東京スカイツリーに訪れる場合の注意点について紹介します。

東京スカイツリー4月30日の注意点
  • 駐車場ご利用の場合は、地下駐車場 25:30まで(入庫は22:00まで)/立体駐車場 25:30まで(入庫は24:00まで)
  • バイク置き場ご利用時間は、25:30まで(入庫は24:00まで)

まとめ

こちらの記事では、令和記念で東京スカイツリーで行われるカウントダウンイベントの時間と料金や詳細をまとめてみました!